胃酸に強い乳酸菌がオススメ

皆さんは乳酸菌についてどのくらい知っていますか?
知らないまま乳酸菌関連の商品を利用するよりも乳酸菌について知識を身につけて利用していった方がより上手に活用できると思います。
健康的な体を維持することができる乳酸菌は、乳酸と呼ばれる成分を作り出してくれる菌です。
乳酸は善玉菌が好む餌であり、乳酸が増えれば増えるほど善玉菌が多くなっていきます。
腸内で活動する善玉菌は、便秘や様々な病気の原因となっている悪玉菌を排出してくれるのも嬉しい効果です。
悪玉菌が増えると体の機能が正常に働かなくなってしまいます。
善玉菌を増やすためにも乳酸菌は積極的に吸収していかなければなりません。
昔から発酵食品は長寿の秘訣になっており、毎日のようにヨーグルトを食べている地域では比較しても寿命が数年長くなっていることが分かっています。
乳酸菌はヨーグルト、チーズのような発酵食品や日本酒、お漬物など様々な食品に含まれています。
毎日摂取することはできるので、ぜひ乳酸菌が多く含まれているものを食べていって下さい。
できれば消化液・胃酸に強い乳酸菌がお勧めです。
乳酸菌は胃酸に弱いものが多いので、腸にまで行き渡らせることが難しい菌でもあります。
しかし、長年の研究から胃酸に強い乳酸菌が生み出され、食品となって発売されているのでチェックすると良いでしょう。
胃腸にまで十分に乳酸菌の力を吸収させるためにも、乳酸菌の種類やその特徴について把握しておくと利用幅が広がります。

▼胃酸に強いと言われている乳酸菌
アシドフィルス菌
植物性ラブレ菌

生きたまま腸まで届く胃酸に強い乳酸菌サプリ

乳酸菌にはどんな効果がある?

ヨーグルトやチーズ、日本酒お漬物といった発酵食品に含まれている乳酸菌の力が注目されています。
乳酸菌は体に良いとよく言われており、雑誌やTVでも取り上げられることが多いです。
そんな乳酸菌にはどのような効果を私たちにもたらしてくれるのか調べてみました。
乳酸菌の効果として真っ先に挙げられるのが、「腸内環境の改善」です。
栄養を吸収し、食べ物を消化してくれる腸は体の中でも重要な一部となっている臓器です。
腸が正常に動かなければ栄養を十分に摂取することはできませんし、すぐに便秘になってしまいます。
便秘は肌荒れを引き起こし、肥満の原因になってしまうこともあるので、腸内環境を常に綺麗にしておくことは大切なことです。
乳酸菌は腸の中で善玉菌となり、美肌効果、便秘解消をもたらしてくれるでしょう。
次に挙げられる効果は、「高血圧・血糖値の抑制」です。
生活習慣病としても挙げられる問題となっており、多くの日本人が悩まされています。
高血圧・血糖値がなかなか下がらない人は乳酸菌を積極的に摂取していってみて下さい。
乳酸菌を摂取し、善玉菌を増やすことで増加している悪玉菌を排除することができます。
血液中のコレステロールが増加したため高血圧になってしまった方も乳酸菌にはコレステロールを抑制する力をもっているので効果は抜群です。
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが健康的な体を手に入れるポイントとなっています。
他にも、免疫力の向上、アレルギー・アトピーの改善といった効果が期待できます。

乳酸菌の摂取方法

毎日の生活に乳酸菌が含まれている食品を取り入れていけば、乳酸菌を吸収することはできます。
吸収された乳酸菌は腸内で善玉菌となり、不要な悪玉菌を排出してくれるでしょう。
乳酸菌は、乳酸菌が含まれている食品、サプリメント、飲料などから得ることができます。
効率良く摂取する方法としては、毎日一定の乳酸菌の量を食事の際に取り入れることです。
毎日取り入れることにより、体内に持続する乳酸菌の量が安定し、乳酸菌の力を発揮させることができるでしょう。
できれば、腸までたどり着けることができる胃酸に強いLG21やビフィズス菌といった乳酸菌がお勧めです。
次第に乳酸菌の効果を実感するようになれば、頻繁に摂取せずとも維持することができるはずです。
最初は、乳酸菌を毎日欠かさず摂取していくことが初期段階となるでしょう。
基本的に乳酸菌は何時でも摂取して問題はありませんが、効果的なのは食事と一緒に摂ることです。
空腹時は避けておいた方が良いでしょう。
なぜなら、空腹時は胃酸が強く働きかける傾向があるため、腸に届く前に消化されてしまいます。
腸に届くからこそ乳酸菌の効果を得られるので、腸まで乳酸菌が行き届けられなければ意味がないのです。
そのようなことから乳酸菌を吸収する際は、食事中かまたは食後の方が乳酸菌を十分に体に取り入れることができます。
利用することになる乳酸菌の製品には必ず摂取方法について説明が記載されているので、1度確認してみましょう。